FC2ブログ

TOP > ふるさとミュージアム最新情報
 ← 昭和のねぶた「国引き」部分 | TOP | 下絵にも惚れ惚れします

スポンサーサイト 

スポンサー広告
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ふるさとミュージアム最新情報 

広報あおもり9月号は
「青森駅周辺整備基本計画策定」との見出しでした。

我々が気になる、ふるさとミュージアムも含まれます。

施設コンセプト「ねぶたがつなぐ、街、人、こころ」

(ねぶた事業)
青森の人、まちが受け継ぐ「ねぶたの息吹」を体感する。
ねぶた祭(囃子・ハネト)体験。
前年度の受賞ねぶたの紹介。制作風景紹介。

(ふるさと事業)
青森の人、自然、文化が育んだ青森ならではの魅力を体感する。
りんご、津軽三味線を紹介。まちなか観光情報。
市民の文化活動の場として利用。



「ねぶたの里」が既に何十年も前からやってることを、
そのまま真似るだけの、ささやかな(ねぶた事業)かと
一瞬がっくりしますが、詳しい資料(周辺設計図もあり)を見たら、
以前発表されたものより、内容が充実してます。
我々が最も気になる(ねぶた事業)だけ抜粋します↓

「青森市民、観光客、ねぶた関係者が、ねぶた祭を軸に集い、
ともに考え、新たなる地域アイデンティティ(誇りと魅力)を
醸成していくきっかけとなる場」
<ねぶた祭体感>
●体感ライブ●ねぶた祭紹介
<大型ねぶた制作支援>
●大型ねぶた制作の場提供●ねぶた祭連携活動
<交流学習>
●囃子・ハネト・バケト体験●囃子・ハネトの練習・教室
<ねぶた情報発信>
●後援会・シンポジウム●地域文化発信の場提供
<ねぶた祭保存・伝承>
ねぶた師囃子方の後継者育成●練習の場の提供
<収集保存・調査研究>
ねぶた関連資料の収集・保存●青森の地域文化・ねぶた研究



これだけのことが、もし実現したら・・・
嬉しすぎて泣けてきます。
まさか、ここまで真剣に考えてるとは思っていませんでした。
スポンサーサイト
Trackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

いろんな情報 ありがとう by オレンジ
青森に住んでいない ねぶた馬鹿にとって こういった
情報をいち早く 教えてくれる ブログに感謝しています。また、ねぶたに関する、さまざまなイベントに足をはこび、報告してくれる リサさんの行動力に驚かされす。
がんばって! もっと、教えてください。
このところ、このブログにはまり、ストカーになった気分で のぞいてます。

青森市のこの計画は、澤田繁親氏の本の影響がかなりあるのでしょうね、行政がこんなに速く動くとは?

by がんぶ
この事業は市だけじゃなく、JRの協力も必要だから大変だという話を聞いたことがあります。
ケッパレ!青森!H22年のオープンまで生きていたい。

体大事にして元気でいましょう by リサ(管理人)
こんなことまで気になる人は、ごく少数だとは
思いますが、ねぶた好きにとっては、
今後の人生を左右する?重要問題です^^

某ねぶた師もここができるまで生きていたい
って言ってました。

詳しい資料には
「集客・経済効果」という言葉も多いですが、
「伝承・保存」という箇所が見られ
安心しました。
言葉だけでなく、ほんとにやろうとする試みは
今までで、はじめての計画だと思います。

澤田さんの本も「ねぶたルネッサンス」という表現で
ズパリ書いてますもん。
役所もやっと目覚めたのかもしれませんね。

コメントを閉じる▲

 ← 昭和のねぶた「国引き」部分 | TOP | 下絵にも惚れ惚れします

COMMENT

青森に住んでいない ねぶた馬鹿にとって こういった
情報をいち早く 教えてくれる ブログに感謝しています。また、ねぶたに関する、さまざまなイベントに足をはこび、報告してくれる リサさんの行動力に驚かされす。
がんばって! もっと、教えてください。
このところ、このブログにはまり、ストカーになった気分で のぞいてます。

青森市のこの計画は、澤田繁親氏の本の影響がかなりあるのでしょうね、行政がこんなに速く動くとは?
[ 2006.08.30(Wed) 23:20] URL | オレンジ #- | EDIT |

この事業は市だけじゃなく、JRの協力も必要だから大変だという話を聞いたことがあります。
ケッパレ!青森!H22年のオープンまで生きていたい。
[ 2006.08.31(Thu) 11:54] URL | がんぶ #JOOJeKY6 | EDIT |

こんなことまで気になる人は、ごく少数だとは
思いますが、ねぶた好きにとっては、
今後の人生を左右する?重要問題です^^

某ねぶた師もここができるまで生きていたい
って言ってました。

詳しい資料には
「集客・経済効果」という言葉も多いですが、
「伝承・保存」という箇所が見られ
安心しました。
言葉だけでなく、ほんとにやろうとする試みは
今までで、はじめての計画だと思います。

澤田さんの本も「ねぶたルネッサンス」という表現で
ズパリ書いてますもん。
役所もやっと目覚めたのかもしれませんね。
[ 2006.08.31(Thu) 19:01] URL | リサ(管理人) #7iCPOfxg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 昭和のねぶた「国引き」部分 | TOP | 下絵にも惚れ惚れします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。