TOP > 泣かせられたねぶた
 ← 真夏の夜の怖い?話 | TOP | 跳ねるためには

スポンサーサイト 

スポンサー広告
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


泣かせられたねぶた 

ねぶた命狂乱
2007年08月19日 ()
今年はびっくりするほど、良いねぶた多かったですが
記憶に残るような好きなねぶたありましたか?

「中納言伊実と腹くじり」福井祥司さん制作

観た瞬間、「懐かしいなぁ・・・」と感じたねぶたです。
子供の頃に観たような昭和っぽい感じがします。

写り悪くてすみません。
別アングルはこうなってます。
「中納言伊実と腹くじり」別角度から


これにさらに、いい囃子がついて泣かせます。
囃子がいいから、ねぶたが良く見えるのか・・・
ねぶたが良いから、囃子が良く聴こえるのか・・・
どっちもどっちで、良すぎてわかりません。
泣くほど惚れ抜いて跳ねる。それがハネトの気持ちです。

このねぶたは壊されましたが、背景の石灯篭の部分だけ
9月の善知鳥神社再建1200年記念大祭で使われるそうです。
スポンサーサイト
Trackback(0) | Comments(14)
↑TOPへ


COMMENT

ハネトはねぶたを見ていない by みかん色
最近のねぶたは、人形が一台か二台というシンプルで、立体的で、空間をうまく見せるねぶたが、少なくなってきているような気がします。ゴチャゴチャといろんな物をくっ付けて、せっかく手間をかけて作った部分を見えなくしてしまうようなねぶたが、とても多いようです。昔に比べ、制作道具や材料の進歩により、作業効率があがり、その分 細かい部分に 時間を費やすようになって来ているような気がします。
技術も上がり、芸術的で、綺麗なねぶたが増えましたが、『わっ でっけぇ』と言えるねぶたがなくなりました。綺麗だけど、カチャマシイねぶたが多くなりました。昔のように、びっくりするような、大きく見えるねぶたが また見たいものです。

昔は、6日、7日は、田村麿賞を受賞したねぶたにハネトが、集まったものです。今のハネトには、ねぶたの良し悪しは あまり関係ないようです。私も跳ねる団体と、好きなねぶたとは 別ですから、なんか寂しいでつね。

管理人のみ閲覧できます by -

見る人見ればいいねぶた by 郷土古参
さすがなかなかいいアングルで写真とってましたねー。欲をいえばもうちょい下から(引き手の問題もあるけどね)。懐かしいねぶたを見たければ日通ですね。よくねぶた小屋で福井先生と雑談してます。「はやりとかあるけどねー」と。どちらも我を通しているので話が合います。昔はねぶたを見るのに豪快にみえる角度を探してみてました。先生のねぶたは本当に玄人むけですね。佐藤伝蔵さんの空間を意識しているのがよくわかります。毎年先生に「今年はこっからの角度と距離で下から見上げたところでしょ?」とききます。先生「さすがよくわかるねー」。ねぶたの見方はあくまでハネト、沿道に座ってる人がよくわかる。高い席から正面で見たところで意味がない。いろんなねぶた師さんがいて個性があっていいが、私はやっぱり昭和中期のねぶたが好きだ。囃子の速さはねぶたの骨組み見てから決めてるよ。今年今まで一番遅いかも(流し踊りでちょうど良いくらい)。ゆったり勇壮に。やっぱり今年の日通はどっしりした感と空間のとりが昭和を彷彿させてたから。古い=歴史 でいいじゃないですか。来年の福井先生のねぶたに期待。

おっ! by リサ
みなさん、コメントありがとうございます。

私は日通とは何の関係もないただのハネトで
しかも、ねぶたについてなんか書けるほど
詳しくないですが、子供の頃から穴があくほど、
ねぶたに見惚れて来た感覚が、このねぶたに
反応してしまいました。

みかん色さま>
ねぶたを観ようとしないハネトがほとんどでしょう。
ねぶたに興味なくて、囃子を聴く耳もたないで
跳ねれるわけないのですが・・・
気持ちがわかりませんね。
田村麻呂賞世代は、跳ねる団体を選ぶというより
好きなねぶたに跳ねられた時代ですね?
最高だね。うらやましいです^^

○○○○さま>
今年は小屋をのぞく余裕なく、下絵も制作過程も
見ないまま、いきなり
台上げされたねぶたを観た時は
「わぁでっかいじゃ、いいじゃ、懐かしいじゃ」
という感激でした。
われわれと同じ思いの人は居たと思いますよ。
福井先生のねぶた来年も楽しみにしている人
多いでしょう^^

郷土古参さま>
昭和に弱いリサです(笑)
ひいきするつもりないのですが、
特定のねぶたについて、書いたことないのですが
私生活だけで「あのねぶた良かった」などと
コソコソ言ってましたが、わかるやつが少ない(爆)
目を開けてちゃんと見ろ!って自慢?したくなって
無断で使わせてもらいましたm(_ _)m

ほんと福井先生のねぶたと日通の囃子は
絶妙なコンビだと思います。来年も待ってます。


昭和に弱いリサさんへ by 郷土古参
ははは。まいどごひいきに。レトロでアナログチックな組み合わせです。いいじゃんねー、どこも同じならつまらない。いいものはいいのだ。その昔電気屋と取っ組み合いの喧嘩したことあるよ。明るすぎるって。蛍光灯、電球何ぼでも入れればいいってもんじゃないべな!!折角のねぶたの重みがなくなって軽く見えるって。囃し方なんだけどやっぱりねぶたへのこだわりがある。やっぱりがきんちょの時の感動「でけー」とか「おっかねー」とか。1984年の佐藤伝蔵「長尾新六定景と公暁」(田村麻呂賞受賞)動いている日本通運ねぶた60周年記念DVD(非売品)もってなかったらあげようか?当時のハネトとか運行とか懐かしいの納めてるよ。んーーーー 昭和って感じだよ。
うちらはお年を召した方や囃し方の古い人達や、囃子界の長老格の方々にはお褒めのお言葉頂戴してるからいいのだ。「いいねー、きちんと七節あって、二バチはいってて情緒があるって」、来年時間があったら福井先生の骨組みとか、紙はりとか見てみて、ものすげー丁寧だから。

リサも「古い人」のうちさ入ってます by リサ
郷土古参さま>
なるほど、作りがものすごく丁寧だはんで
したはんで、豪雨さあだっても壊れなかった
というわけですね。
石灯篭が善知鳥神社に行くのも納得です。

電気明るすぎでケンカ?あはは♪
こうゆう昔の面白い話って
われわれ素人は知らない部分ですね。
続きは小話復活で、もっとお願いします^^

非売品のお宝映像・・・
「わさもけろ」って思る人居るべな?
リサ代表してもらるがな。

管理人のみ閲覧できます by -

ハネト代表で by 郷土古参
結構ほしがる人多いけど、めちゃ数少なくて手元に3つ。ハネト研究、昭和のねぶた研究の材料にしてください。私の携帯メアドはりゅう坊さんにきいてくださいな。北川金三郎(初代名人)、北川啓三(二代名人)、佐藤伝蔵(三代名人)、で福井先生。なにげに日通は名人作ってるんだよ。そのころの映像も収録ささってるよ。

丁寧なんです! by ほのぼの
郷土古参さんがお話しされてるようにホント丁寧なんです。
ねぶた師によって針金の張り方が違うことは
みなさん承知されていると思いますが
福井先生の張り方には大きな特長があり
それが強度面で重要な役割があると福井先生から
聞いたことがあります。

紙貼りがとても丁寧なので「きれいに張れてますよね!」と聞いたら
先生「なんでだと思う?」
私 「針金・・・・?」
先生「そうそう!針金の張り方!」
私 「!」
先生「もちろん紙貼りも丁寧に張ってるけど、      きれいに張って貰うように針金(枠)の
   大きさを揃えているんだよ!」
私 「おぉ!確かに!」
先生「同じ大きさだと強度も増すし紙貼りが綺麗
   となれば書き割り・ロウ書き・色つけ、
   全て綺麗に仕上げることが出来るんだよ。」
私 「じゃ、骨組みからすでに色つけの事を
   考えてるってことですか?」
先生「うん^^」

ねぶたの奥深さと福井先生のねぶたに対する真剣さを
感じた日でした。

ほかのねぶた師の紙貼りのかぁさん達も「筆の流れを考えて張らなくては駄目!」と聞かされました。

みんなが大事に制作しているねぶた、
見る側も心して見るようにします!!と心に決めた今年でした! 

福井先生がんばれサイトになっちゃった。 by 郷土古参
正統派ハネトを育てるサイトだったよね^o^。いいのかな?ねぶた、ハネト、囃子 三位一体だからいっか。先生の針金は太いの使ってるんだ。しかも一人で組んでいっている。洗濯バサミつかって調整して糸まいているんだよ。(この糸巻きも丁寧)で、どうしても木材を使う箇所があるけど、その影がねぶた本体に写らないようになってるのだ。ものすげーこだわり。なので囃し方としても手を抜けないわけ。主だった連中には必ず骨組みから見て来いと、先生の思いを感じてこいと。でないと調和がとれないじゃんね。千葉先生も北村先生も竹浪先生、内山先生もみんなこだわりもってるよね。ねぶた師の先生と飲むと何かとおもしろい。

うわ~ by リサ
コメントが充実しちゃって
管理人もビックリです(感激!)
訪問者がほんとのねぶた好きしか来ないと
記事本文より、コメントの方が凄いじゃ^^

ほのぼのさま、郷土古参さま

このねぶたに念が通じたのか、いい話が聞けて感謝です。

針金の1本、紙1枚にもこだわりあるねぶた師が居れば
骨組みから見て、ねぶたに合わせた囃子をやる囃子方も
実際に居るなんて泣けてくる。
ハネトは正装しないわけにいかなくなります。
ほんと「三位一体」とは上手く言ったものですね。

しかし、
囃子方が骨組から見てるとは恐れ入りました。
このブログの主旨に相応しいお話です。
ハネトもね、そうゆう気持ちで跳ねてほしいって
のが、このブログの願いですからね。

郷土古参さま by リサ
人(--*)謝謝(-人-)謝謝(*--)人

りゅう坊さんに連絡とってみますね。
3つしかないのに、めやぐしますね(^^;

無添加を探すなら by 特命太郎様
無添加の検索サイト。化粧品、食品、化粧水、シャンプー、ドッグフードなど無添加に関する各種情報をお届けしています。 http://dan3.shipsparesandrepairs.com/

承認待ちコメント by -

コメントを閉じる▲

 ← 真夏の夜の怖い?話 | TOP | 跳ねるためには

COMMENT

最近のねぶたは、人形が一台か二台というシンプルで、立体的で、空間をうまく見せるねぶたが、少なくなってきているような気がします。ゴチャゴチャといろんな物をくっ付けて、せっかく手間をかけて作った部分を見えなくしてしまうようなねぶたが、とても多いようです。昔に比べ、制作道具や材料の進歩により、作業効率があがり、その分 細かい部分に 時間を費やすようになって来ているような気がします。
技術も上がり、芸術的で、綺麗なねぶたが増えましたが、『わっ でっけぇ』と言えるねぶたがなくなりました。綺麗だけど、カチャマシイねぶたが多くなりました。昔のように、びっくりするような、大きく見えるねぶたが また見たいものです。

昔は、6日、7日は、田村麿賞を受賞したねぶたにハネトが、集まったものです。今のハネトには、ねぶたの良し悪しは あまり関係ないようです。私も跳ねる団体と、好きなねぶたとは 別ですから、なんか寂しいでつね。
[ 2007.08.19(Sun) 15:10] URL | みかん色 #- | EDIT |

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007.08.19(Sun) 22:30] URL | # | EDIT |

さすがなかなかいいアングルで写真とってましたねー。欲をいえばもうちょい下から(引き手の問題もあるけどね)。懐かしいねぶたを見たければ日通ですね。よくねぶた小屋で福井先生と雑談してます。「はやりとかあるけどねー」と。どちらも我を通しているので話が合います。昔はねぶたを見るのに豪快にみえる角度を探してみてました。先生のねぶたは本当に玄人むけですね。佐藤伝蔵さんの空間を意識しているのがよくわかります。毎年先生に「今年はこっからの角度と距離で下から見上げたところでしょ?」とききます。先生「さすがよくわかるねー」。ねぶたの見方はあくまでハネト、沿道に座ってる人がよくわかる。高い席から正面で見たところで意味がない。いろんなねぶた師さんがいて個性があっていいが、私はやっぱり昭和中期のねぶたが好きだ。囃子の速さはねぶたの骨組み見てから決めてるよ。今年今まで一番遅いかも(流し踊りでちょうど良いくらい)。ゆったり勇壮に。やっぱり今年の日通はどっしりした感と空間のとりが昭和を彷彿させてたから。古い=歴史 でいいじゃないですか。来年の福井先生のねぶたに期待。
[ 2007.08.20(Mon) 01:37] URL | 郷土古参 #- | EDIT |

みなさん、コメントありがとうございます。

私は日通とは何の関係もないただのハネトで
しかも、ねぶたについてなんか書けるほど
詳しくないですが、子供の頃から穴があくほど、
ねぶたに見惚れて来た感覚が、このねぶたに
反応してしまいました。

みかん色さま>
ねぶたを観ようとしないハネトがほとんどでしょう。
ねぶたに興味なくて、囃子を聴く耳もたないで
跳ねれるわけないのですが・・・
気持ちがわかりませんね。
田村麻呂賞世代は、跳ねる団体を選ぶというより
好きなねぶたに跳ねられた時代ですね?
最高だね。うらやましいです^^

○○○○さま>
今年は小屋をのぞく余裕なく、下絵も制作過程も
見ないまま、いきなり
台上げされたねぶたを観た時は
「わぁでっかいじゃ、いいじゃ、懐かしいじゃ」
という感激でした。
われわれと同じ思いの人は居たと思いますよ。
福井先生のねぶた来年も楽しみにしている人
多いでしょう^^

郷土古参さま>
昭和に弱いリサです(笑)
ひいきするつもりないのですが、
特定のねぶたについて、書いたことないのですが
私生活だけで「あのねぶた良かった」などと
コソコソ言ってましたが、わかるやつが少ない(爆)
目を開けてちゃんと見ろ!って自慢?したくなって
無断で使わせてもらいましたm(_ _)m

ほんと福井先生のねぶたと日通の囃子は
絶妙なコンビだと思います。来年も待ってます。

[ 2007.08.20(Mon) 23:15] URL | リサ #7iCPOfxg | EDIT |

ははは。まいどごひいきに。レトロでアナログチックな組み合わせです。いいじゃんねー、どこも同じならつまらない。いいものはいいのだ。その昔電気屋と取っ組み合いの喧嘩したことあるよ。明るすぎるって。蛍光灯、電球何ぼでも入れればいいってもんじゃないべな!!折角のねぶたの重みがなくなって軽く見えるって。囃し方なんだけどやっぱりねぶたへのこだわりがある。やっぱりがきんちょの時の感動「でけー」とか「おっかねー」とか。1984年の佐藤伝蔵「長尾新六定景と公暁」(田村麻呂賞受賞)動いている日本通運ねぶた60周年記念DVD(非売品)もってなかったらあげようか?当時のハネトとか運行とか懐かしいの納めてるよ。んーーーー 昭和って感じだよ。
うちらはお年を召した方や囃し方の古い人達や、囃子界の長老格の方々にはお褒めのお言葉頂戴してるからいいのだ。「いいねー、きちんと七節あって、二バチはいってて情緒があるって」、来年時間があったら福井先生の骨組みとか、紙はりとか見てみて、ものすげー丁寧だから。
[ 2007.08.21(Tue) 19:52] URL | 郷土古参 #- | EDIT |

郷土古参さま>
なるほど、作りがものすごく丁寧だはんで
したはんで、豪雨さあだっても壊れなかった
というわけですね。
石灯篭が善知鳥神社に行くのも納得です。

電気明るすぎでケンカ?あはは♪
こうゆう昔の面白い話って
われわれ素人は知らない部分ですね。
続きは小話復活で、もっとお願いします^^

非売品のお宝映像・・・
「わさもけろ」って思る人居るべな?
リサ代表してもらるがな。
[ 2007.08.21(Tue) 21:41] URL | リサ #7iCPOfxg | EDIT |

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007.08.22(Wed) 00:46] URL | # | EDIT |

結構ほしがる人多いけど、めちゃ数少なくて手元に3つ。ハネト研究、昭和のねぶた研究の材料にしてください。私の携帯メアドはりゅう坊さんにきいてくださいな。北川金三郎(初代名人)、北川啓三(二代名人)、佐藤伝蔵(三代名人)、で福井先生。なにげに日通は名人作ってるんだよ。そのころの映像も収録ささってるよ。
[ 2007.08.22(Wed) 01:02] URL | 郷土古参 #- | EDIT |

郷土古参さんがお話しされてるようにホント丁寧なんです。
ねぶた師によって針金の張り方が違うことは
みなさん承知されていると思いますが
福井先生の張り方には大きな特長があり
それが強度面で重要な役割があると福井先生から
聞いたことがあります。

紙貼りがとても丁寧なので「きれいに張れてますよね!」と聞いたら
先生「なんでだと思う?」
私 「針金・・・・?」
先生「そうそう!針金の張り方!」
私 「!」
先生「もちろん紙貼りも丁寧に張ってるけど、      きれいに張って貰うように針金(枠)の
   大きさを揃えているんだよ!」
私 「おぉ!確かに!」
先生「同じ大きさだと強度も増すし紙貼りが綺麗
   となれば書き割り・ロウ書き・色つけ、
   全て綺麗に仕上げることが出来るんだよ。」
私 「じゃ、骨組みからすでに色つけの事を
   考えてるってことですか?」
先生「うん^^」

ねぶたの奥深さと福井先生のねぶたに対する真剣さを
感じた日でした。

ほかのねぶた師の紙貼りのかぁさん達も「筆の流れを考えて張らなくては駄目!」と聞かされました。

みんなが大事に制作しているねぶた、
見る側も心して見るようにします!!と心に決めた今年でした! 
[ 2007.08.22(Wed) 04:15] URL | ほのぼの #- | EDIT |

正統派ハネトを育てるサイトだったよね^o^。いいのかな?ねぶた、ハネト、囃子 三位一体だからいっか。先生の針金は太いの使ってるんだ。しかも一人で組んでいっている。洗濯バサミつかって調整して糸まいているんだよ。(この糸巻きも丁寧)で、どうしても木材を使う箇所があるけど、その影がねぶた本体に写らないようになってるのだ。ものすげーこだわり。なので囃し方としても手を抜けないわけ。主だった連中には必ず骨組みから見て来いと、先生の思いを感じてこいと。でないと調和がとれないじゃんね。千葉先生も北村先生も竹浪先生、内山先生もみんなこだわりもってるよね。ねぶた師の先生と飲むと何かとおもしろい。
[ 2007.08.22(Wed) 20:15] URL | 郷土古参 #- | EDIT |

コメントが充実しちゃって
管理人もビックリです(感激!)
訪問者がほんとのねぶた好きしか来ないと
記事本文より、コメントの方が凄いじゃ^^

ほのぼのさま、郷土古参さま

このねぶたに念が通じたのか、いい話が聞けて感謝です。

針金の1本、紙1枚にもこだわりあるねぶた師が居れば
骨組みから見て、ねぶたに合わせた囃子をやる囃子方も
実際に居るなんて泣けてくる。
ハネトは正装しないわけにいかなくなります。
ほんと「三位一体」とは上手く言ったものですね。

しかし、
囃子方が骨組から見てるとは恐れ入りました。
このブログの主旨に相応しいお話です。
ハネトもね、そうゆう気持ちで跳ねてほしいって
のが、このブログの願いですからね。
[ 2007.08.22(Wed) 22:11] URL | リサ #7iCPOfxg | EDIT |

人(--*)謝謝(-人-)謝謝(*--)人

りゅう坊さんに連絡とってみますね。
3つしかないのに、めやぐしますね(^^;
[ 2007.08.22(Wed) 22:32] URL | リサ #7iCPOfxg | EDIT |

無添加の検索サイト。化粧品、食品、化粧水、シャンプー、ドッグフードなど無添加に関する各種情報をお届けしています。 http://dan3.shipsparesandrepairs.com/
[ 2008.10.18(Sat) 10:52] URL | 特命太郎様 #- | EDIT |

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011.05.24(Tue) 18:26] URL | # | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 真夏の夜の怖い?話 | TOP | 跳ねるためには
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。